斐川生協病院は、その前進である金森医院の時代から地域の人々にとって医療とりでとして、また心のよりどころとしてお金のあるなしにかかわらずすべての住民に平等に医療を提供してきました。
 1975年、みんなの力を寄せ合ってひかわ医療生活協同組合を設立しさらに発展させてきました。以来、斐川町唯一の病院として、地域の組合員さんに支えられながら今日に至っています。
1980年代以降、医療・福祉制度は次々に改悪され、医療を受けたくても受けられない状況は急速に進み、日本国憲法に掲げる生存権すら脅かされています。私たちは、組合員さん、地域の人々や他の医療・福祉関係者と連携を取り、命と健康、医療・福祉、生活を守る運動を広げていきます。そして、これまで培ってきた無差別平等の医療・福祉を守り発展させていくために以下を地域に向けて宣言します。


 高齢者や障害者をはじめ経済的・社会的に弱い立場におかれた人々の「医療を受ける権利」を何よりも大切にしています。定礎に刻んだ「一人は万人のために、万人は一人のために」の言葉通り、組合員さん、地域の人々とちからを合わせて安心して住みつづけられるまちづくちりを進めます。地域の人々のよりどころとなる病院を目指します。


 安心できる医療や福祉は、あらゆる情報が公開、共有され、その上で患者さんの自由な意思が尊重されてこそ実現できます。医療・福祉を患者さんと私たち職員の「共同の営み」として実践します。患者さんの立場に立った親切でよい医療に心がけます。医療事故を防止する活動を重視します。


 私たちは、常に新しい医学の成果に学び、医療の質の向上に努めます。科学的な根拠に基づいて、多職種によるそれぞれの専門性を生かした多角的な検討を加え、「患者さんにとって何が必要か」を集団的に検討します。
 学習と討論を通して相互に学び合い、チームワークを大切にする職場づくりに努めます。


 平和を守ることは、命と健康を守る私たち医療人にとって根本的な使命です。すべての戦争政策に反対するとともに、唯一の被爆国の国民としてまた、医療人として、核兵器の廃絶を世界中の人々とともに進めます。次々と改悪される医療・福祉政策に反対し、すべての人々が無差別平等に医療・福祉が受けられるよう、医療・福祉の充実を求める運動を進めます。