リハビリテーションとは、身体的、精神的、社会的、職業的、経済的な有用性を有するまでに回復させることであると言われています。
 私たちスタッフは患者様の障がいの回復、維持に対して可能な限りリハビリテーションを提供させていただきます。
 また、在宅復帰された後も生協内外のサービス機関とで密に連携を図り、患者様、利用者様の生活をサポートさせていただきます。


 
体  制 理学療法士2名、作業療法士2名、助手1名
設  備 理学療法室、作業療法室
施設基準  脳血管リハビリテーションⅡ
運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅡ


       


 病気やけがによって身体に障がいが残った場合に運動療法と物理療法を行い身体機能の改善を目指すリハビリを言います。運動療法は筋力訓練や基本的な動作(寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行)などの練習、物理療法はホットパックやマイクロ、牽引などの治療になります。

(歩行練習)




 身体や精神に障がいを持つ人に対して、食事やトイレなど日常生活動作で必要なことを行えるようにリハビリテーションを行います。また、その人に会った作業活動(手芸や折り紙など)を用いて、身体・精神機能に対してリハビリテーションを行います。

(作業活動 花のスケッチ)

   (クリックすると参照できます)