医療療養病床への入院や病気、障害により発生する、経済・社会・心理的な様々な問題に対して医療相談員が相談をお受けします。
医療費の支払いが困難・在宅での療養に不安がある、医療・介護保険に関する疑問等何でも御相談下さい。解決の方法を一緒に考えましょう。



急性期病院から病状が安定された患者様の入院相談を受けています。




 電話にて、医療相談員が入院相談を受け付けます。入院希望理由、症状等を確認します。主治医からの診療情報
提供書を準備して頂き、医療相談員との面接日を決めます。



 医療相談員が面接を行い、入院申込書を記入していきます。診療情報提供書の内容を確認させてもらいます。
※病院によって診療情報提供書は後日郵送という場合もありますので、用意できていなくても
入院申込みは可能です。



 入院申込書と診療情報提供書が揃ったら、入退院判定会議に提出します。入院可否、入院期間について
判断します。入院判定は、院長、病棟師長、薬剤師、リハビリ技師、医事課、医療相談員によって判断します。
                 
                

 入院判定結果と入院期間について報告します。
  (入院可) 予約(待機)になります。ベッドが空き次第ご連絡させて頂きます。
  (入院不可)当院の対象でない場合は入院をお断りさせて頂きます。
  (保 留) 再度、病状把握等行い再判定を行います。場合によって訪問させて頂きます。


   (クリックして参照できます)